絵本マギーのブログ

幼児期からフォニックスで英語の音をインプット。

幼児期から英語教育

早ければ早いほど音のインプットは大切。

私の子供たちはフォニックスで英語の読み書きを学びました。フォニックス基本をしっかり学んでいると後々スペリングも覚えやすいようです。私の子供の一人は高度の難聴で生まれ、2歳まで言葉を話すことが出来ませんでした。2歳で補聴器を着けてから何回も練習は必要でしたが思ったより早く普通の子供たちのレベルにキャチアップすることが出来ました。

常に絵と言葉のフラッシュカードや遊びながら読み方を学ぶコンピュータのソフトを毎日短い時間で繰り返しました。また4歳でデジタルの補聴器に代えてから娘の言葉の進歩が大きく変わりました。(その頃は日本で難聴の子供がデジタルの補聴器を使う始めでもありました。)そのとき私は乳幼児の時期の「見る、聴く」のインプットがどれほど大切であるかを実感しました。

大人になってからは英語の音(発音)を学ぶのは時間がかかります。たとえば私のように年を取ってから英語を学び始めるとSalad がサラダになってしまい、何回聞いてもネイティブの英語の発音の違いが解りません。Thank youもサンキューではないですね。私の頭の中でカタカナ発音が優先してしまうのです。だから何回も何回も正しい発音を聴いてインプットしないとネイティブの人達に通じる英語発音が出来ないのです。

私は乳幼児(0歳から5歳)が英語の音を聴くことはとても大切なことだと思います。英語の音を聴いてフォニックスの正しい音を理解することは後々の英語の勉強に役に立つと思います。また子供が小さくて理解出来なくても、フォニックスは楽しく学べる方法が沢山あります。絵のあるラッシュカードやポスター、歌ったり、ゲームをしたりと楽しみながら学ぶことができます。

個別の音を理解できてきたら、アルファベットの組合せによって音の法則があることも学んでいくことが出来ます。

 

フォニックスの発音をYOU TUBEなどの無料の動画で試してみて下さい。

日本人のためのフォニックス・トレーニング

https://www.youtube.com/watch?v=zdQJkFTZQBs

子供ためのABCフォニックス、楽しく学ぼうよ

https://www.youtube.com/watch?v=qtgBaRwMXQo&index=3&list=PLRGs6lqpp7CggZZv4nBvHrYV7x_0MiUL4

楽しい英語のソング

https://www.youtube.com/watch?v=a3qY1d1X4cs

https://www.youtube.com/watch?v=wPcrhBAxvFI

お母さんがフォニックスを理解するために1-12まであります

https://www.youtube.com/watch?v=NzHVmX1pnc8

https://www.youtube.com/watch?v=-LVabbIvDcc

https://www.youtube.com/watch?v=sB2-mFb_O0E

https://www.youtube.com/watch?v=XUoRQiZqI6E

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

2 Comments on “幼児期からフォニックスで英語の音をインプット。

  1. トレーニングはリズムにのってでたのしくできた。続けられるといいと思う。

    • 英語にはRhyme (ライム) 韻を踏むといって、楽しいリズムで英語の言葉遊びです。
      幼いときは歌やお遊戯であ母さんといっしょに楽しく学べるといいですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>