絵本マギーのブログへようこそ

証明されるハグの大切さ

親子のハグは大切

英語の絵本の中にあるHUGってご存知ですか?日本でも最近はハグ(抱擁)という言葉は知られるようになってきました。では7月18日のグローバル・ハグ・キッズ・デーは?

このイベントは息子を脳腫瘍で8歳半に亡くしたMichelle Nichols氏が設立しました。世界中のすべての母親と父親は、毎日子供たちを抱きしめるべきだというものです。私たち日本人にとってはハグは英語圏の人たちの生活習慣で愛情表現なのに今さらって思いませんか?私は思っていました。
ヨーロッパやアメリカの科学者が多くの研究で子供たちの成長にハグの大切さを証明しているのです。実際に私はハグ(抱擁)が子供たちに与える影響がそんなに大きいとは思っていませんでした。ハグは信頼と安心感をもたらし、オープンで正直なコミュニケーションに役立ちます。またハグは瞬時にオキシトシンレベルを上げ、孤独感、孤立感、怒りをやわらげます。
アメリカ人の作家で心理療法士であるバージニア・サティールは、「生命のために1日に4回のハグが必要で、メンテナンスのために1日に8回のハグが必要で、成長のために1日12回のハグが必要です。」といっているぐらいです。
”American author and psychotherapist, Virginia Satir, puts it this way: “We need four hugs a day for survival. We need eight hugs a day for maintenance. We need 12 hugs a day for growth.”
ハグはどの国や年代であっても大切です、私たちにとって自然な本能です。赤ちゃんのときは抱っこしたり触れ合う機会は多いですが、子供たちが3歳4歳と忙しく走り回る年には忘れがちになってしまいます。またつい忙しさで後回しになってしまいます。寄り添って絵本を一緒に読むこともハグとよく似ています、お母さんお父さんとの触れ合いの時ですね。また一緒に英語の絵本を読みながら、ハグをしながら楽しい時間を過ごしてください。
私自身も元気をなくしたとき大人になった子供たちからハグをもらうのは嬉しいです。とても平和を感じます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

One Comment on “証明されるハグの大切さ

  1. ハグって恋人同士だけではないですよね。
    子供たちにとって大切なものですね、オープンに取り入れていきたいです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>