「賢い子供」の育て方!

賢い子供の育て方

多くの親は自分の子供が成功した大人になるために良い成績で、良い学校を出て、良い仕事に就くことを望んでいるのではないでしょうか。
一昔前は優等生のイメージは教育ママゴンと眼鏡を掛けたガリ勉君でしたが、最近は有益な子育てというものを学べる世の中になりました。
長年によるリサーチで、賢い子供を育てるのは、偏った詰め込み教育ではなく、幼い頃からの家庭環境や親との関わり方次第でしっかりした土台が築かれることがわかってきました。幼い子供は日常生活の中で非常に多くのことを学びます。お母さんやお父さんと楽し時間を過ごすだけで子供の将来に影響を与えられるんです。
研究者のデーターからお母さんやお父さんが子供の知性を効果的に育てる方法を紹介します。

子供と話したり、読んだりする

夕食のときなど、子供と話し合いや周りの世界について話すことは、子供の知的可能性を引き出すのにとても役立つと専門家は同意します。
ミシガン大学の心理学名誉教授であるリチャードE.ニスベットは「刺激的な家庭環境は極めて大切です。子供たちが難しいボキャブラリーを使って活発な会話をすることは助けになります。」と言います。 親は質問をし、子供は答え、親はコメントをし、子供は質問をするというように。

また4歳未満の子供とはインタラクティブな読書です。例えば、幼い子供と絵本を読むとき、「この動物は何と呼ぶの? 何を食べるの? どんなところに住んでいるの?」「どんな本を読みたい?」、「このお話で一番好きだったものは何ですか?」というように

健康的な食事と十分な睡眠

子供の栄養に関しては、健康的でバランスの取れた食事は子供の学習や脳の発達に直接影響します。
「幼少期の十分な栄養は、幼少期のIQの増加につながります。これは、幼少期の行動障害の減少、キャリア満足度の向上、成人の社会経済的成功に関連するため、朝食の摂取は、最終的に長期の身体的および精神的健康の結果にも利益をもたらす可能性があります」とJianghong Liu博士は言います。

また睡眠不足は、子供の脳細胞の可塑性を低下させることにより、子供の脳を損ないます。
1時間の睡眠不足により、6年生の脳は4年生のレベルの脳で授業受けたことになります。
子供を対象に実施された睡眠研究は、一晩で1時間の睡眠が失われると、次のことができることを明らかにしています。
学業成績を低下させる
感情の安定に影響を与える
肥満や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの病状の発生率を高める

子どもの脳の形成期における睡眠不足は、「追いつき」睡眠でさえも元に戻せない脳構造の永続的な変化につながる可能性があります。
ポー・ブロンソンは本NurtureShockから

日常生活での体験

子供が外に出て、周りの世界を見るようにしてください。 公園に連れて行ったり、山、動物園、美術館、ビーチに連れて行きましょう。 近くを散歩したり、買い物に一緒に行ってください。 あなたと子供が行く場所はどこも子供の学習体験の場なのです。
教育コンサルタントであり、Building the Reading Brainの共著者であるPat Wolfe氏は、「脳は、経験を通じて自分自身を形作る身体の唯一の器官です」と言います。

努力を称賛してください

私たちは皆、才能と弱点を持っています。才能をほめるのではなく 子供の努力と一生懸命頑張っていることを励ましてください。子供が困難な問題に直面した時、前に進むことができる子供に成長します。常に最善を尽くし、できる限り一生懸命働くように子供を励ますことです。また失敗は誰にでもあります、失敗を恐れず、失敗から学ぶ子供を育てることはとても大切です。

身体の運動

スポーツ活動でも、庭で遊ぶにしても、子供は感覚を刺激するために身体活動は大切です。イリノイ大学の研究では、より健康な子供たちは、あまり健康でない同級生よりも優れた言語能力を持っていることを発見しました。
身体活動は、脳の行動と発達に直接影響します。コロンビア大学のチャールズバスチによるエッセイは、身体活動が脳機能をどのように改善できるかを要約しました。
脳への酸素の流れが増加します
脳神経伝達物質の数が増加し、ストレスに集中し、集中し、学習し、記憶し、対処する能力を支援します

参考資料:Literacy Planet : Psychology Today

スクリーンタイムのコントロール

他のブログでも書きましたがスクリーンタイムが長すぎると、小児期の肥満、不規則な睡眠パターンなどの生活習慣に影響を与えます。

モントリオール大学のGreg L. Westによる2017年の調査では、「シューター」ゲームをすると脳が損傷し、細胞が失われる可能性があることが明らかになりました。アメリカ小児科学会によると、エンターテイメントの「スクリーニング時間」は1日2時間に制限されるべきです。

参考資料:THE WALL STREET JOURNAL   :TIME